« ありがとう。 | トップページ | またまたありがとう。 »

2006年10月24日 (火)

頑張って。

今日は高校時代からの友達の手術の日。

まさか自分の大事な友達が手術の必要な病気になるなんて

思ってもみなかったから、聞いた時はすごくショックで。

私にできる事は話を聞くこと、励ますこと、

鈴虫寺へお守りをもらいに行くこと、願うこと。

そして、退院して落ち着いてからの遊ぶ約束。

そんな事しかできない不甲斐ない自分が情けなくて。

今日まで家事育児をしながらの治療。

どんなに大変でつらかったことか。

私には計り知れない思いがあったと思う。

どうかどうか、無事に手術が終わりますように。

また彼女とくだらない話して笑えますように。

|

« ありがとう。 | トップページ | またまたありがとう。 »

コメント

*ayaちゃん*
ありがとう(^^)
お陰さまで友達の手術無事に終わったよ。
ひとまず安心。

けど、ayaちゃん足の手術は知ってたけど、
急遽、帝王切開になったのは知らなかったよ。
マサヤも途中で心拍が弱くなって帝王切開に
切り替えるって言われたの。
なんとか自然分娩で出産できたけどね。
ほんと出産って命がけだよね。

投稿: nene* | 2006年10月26日 (木) 18時12分

どうか 手術うまくいきますように♪
そして、元気になりますように♪
ayaは自分が足の手術と出産の最後の最後でちびの心音が聞こえなくなって急遽帝王切開したので、2回してるのだ。。。。。

どうかどうか。。。ayaも祈ってるからね。。。

投稿: aya隊長⊂^^U♪ | 2006年10月25日 (水) 22時15分

*あいさん*
暖かいお言葉ありがとうございます。
遅くなっただなんて、とんでもないです。
とってもうれしかったです。
ありがとうございます。

投稿: nene* | 2006年10月25日 (水) 20時24分

私も及ばずながら、ご成功をお祈りしています。

nene*さんのお友達を想う気持ちは、届いてますよ。そして、それはお友達にとって何よりの励みだと思います。

昨日はネットできなかったから今見てコメント書いてます。遅くなってしまってごめんなさいね。

投稿: あい | 2006年10月25日 (水) 14時19分

*みなさん*
みなさん、コメントありがとうございます。
私はありがたいことに今まで大病したことや、
体にメスを入れた事がないので、
彼女の大変さやつらさとか1%も
分かってないと思います。
なのでいざ、当日を迎えてみると他にもっと
役に立つ事ができたんじゃないかとか
いろいろ考えてしまって。
もう無事に手術は終わっていると
思うんですけど、大丈夫だと信じていても
やっぱり連絡があるまで不安ですね。

*jennyさん*
帝王切開でのご出産、jennyさんも大変な思いされたんですね。
私は自然分娩だったんですけど、
分娩中に息子の心拍が弱くなって
お医者さんから、
「帝王切開に切り替えるかも」
って言われた時にはやっぱり怖かったです。
帝王切開ってラクそうに思われてたりするけど、
ほんと大変ですもんね。

*しいのさん*
しいのさん、そんなに手術されてたんですね。
その時のしいのさんのお気持ちを考えると
なんとも言えない気持ちになります。
でも、お元気になられて良かった。
ほんとうに良かった。
だって、だからしいのさんと出逢えた事ができたんですもんね。
しいのさんに出逢えた事に感謝です。

けど、お友達残念なことでしたね。
友達を亡くすって家族を亡くすのと同じくらい
辛い事ですよね。
しかも、34歳ってお若すぎる。
とてもお辛い事を話させてしまってごめんなさい。
友達のご冥福をお祈りさせていただきます。

*ゆかりさん*
ゆかりさんも大変な手術したんだね。
心不全って。
怖いね。
怖かったね。
今はもう大丈夫なの?
ほんと、ゆかりさんに出逢えた事も感謝だよ。
ありがとう。

*PAOさん*
PAOさん、ありがとうございます。
まだご家族から連絡ないので、
考えると不安でたまらなくなるんですけど、
無事に終わってホッとして私への連絡を
忘れてはるだけだと思ってます。
ほんと、ありがとうございます。

投稿: nene* | 2006年10月24日 (火) 22時00分

私もお祈りしています。
早く回復なさいますように。

投稿: PAO | 2006年10月24日 (火) 20時38分

お友達、無事に終わると良いね。
neneさんはちゃんと鈴虫寺までお守りもらいにいったんだもの、お友達はすごく喜んでると思うよ。
友達の為にそこまでできる人、少ないと思うし。

私も23歳のとき、心臓の手術してるの。
心不全で倒れちゃってね・・・
元々欠陥があって、悪化したみたい。
こんな私でも無事に終わってるから、お友達も大丈夫だよ~!!

投稿: ゆかり | 2006年10月24日 (火) 20時37分

jennyさんのおっしゃるとおり、手術って不安です。
かくいう私も全身麻酔の手術を2回、部分麻酔の手術を
1回経験しているのでよくわかります。
nene*さんの暖かい心遣いが何よりの安心と心の頼りだと
思いますよ。

実は私は34歳の時、中学からの親友をガンで亡くしました。
私の結婚披露宴には受付までしてくれた友が、病気だと
知ったときのショックはかなり大きかったです。
nene*さんもお辛いでしょうが、がんばってください。
手術がうまくいき、また楽しい日々が過ごせること
お祈りしています。

投稿: しいの | 2006年10月24日 (火) 13時37分

話を聞くこと、励ますこと、お守りをもらいに行くこと、願うこと。退院して落ち着いてからの遊ぶ約束,それだけで十分じゃないでしょうか。
きっとお友達もそういうことを楽しみに、そして励みに頑張って手術に望まれることだと思います。

どういう理由でられ、自分の体にメスを入れるのは誰しも不安に思うことで、そういう私も「帝王切開」という手術を受けました。
私は術後、初めてでた何気ない「お粥」がたまらなくうれしくて(術前後は絶食絶食だったので)食べたときは涙が出たくらい。

なので、nene*さんの「私に出来ること」はお友達にとってすごくうれしいと思いますよ。
手術、うまくいくこと祈ってます。

投稿: jenny | 2006年10月24日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとう。 | トップページ | またまたありがとう。 »